日記

テレビがない理由は、自然音と機械音が バランスよくある状態が心地よいから。

聡聖です。本日もお越し頂きありがとうございます。

僕の家にはテレビがない。

理由はシンプルで「番組が面白くない」から

と以前は思っていたのだけど
他にも理由があるなと感じるようになった。

仕事が在宅で家に居る時間が長くなった事で
気付いたのだけど、テレビがないと会話音などの
音がほぼない。ではどんな音があるかというと
冷蔵庫などの電子音や外の車などの雑多な音に
人の会話音(控えめな)に鳥の鳴き声や風の音といった自然音だ。

そのぐらいの音しかない。

という環境下に居て僕は
「このほうが居心地がいい」

そう感じるようになった。
これがテレビが必要ないと感じるに至った理由だと思う。

では、居心地がいい理由を掘り下げてみると
こんは感じじゃないかと思う。

音が少ない
自然音に近いものがある

この二つにあるんじゃないかな。

基本カフェ選びとかもこいう基準で選ぶ
事に多い事に気づいた。

自然音と機械音がバランスよくあると落ち着く。

テレビがない理由は、自然音と機械音が
バランスよくある状態が心地よいから。

もう少し心地よくしたいので追求していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *